FC2ブログ

いつも笑顔で

アラフォー派遣ワーママの何気ない日常を綴っています。

ベビーシッター会社からの贈り物  

育休復帰した昨年8月から3月末までの8ヶ月間、
次女が大変お世話になったため、
ベビーシッター会社の社長様へちょっとしたお礼のお菓子をお送りしました。
そうしたらなんと先日、かわいい服を送ってくださいました。

1399383158864.jpg

かえって気を遣わせてしまったようで申し訳ないと思いつつも、
お忙しいにもかかわらず、
次女のためにと足を運び選んでくださったこと、そのお気持が大変嬉しかったです。

ベビーシッターについては昨今事件があったりと、
色々問題もあるようですが、
ビジネスライクだけではなく、
このように心の通い合うシッター会社もあることを、
みなさまにも知っていただきたいと思い、
ブログに書くことにしました。

一部の心無いベビーシッターの起こした事件により、
本当に必要な人にベビーシッターサービスが行き渡らない事になりませんように。
また、質の良い保育を、必要としているすべての子供たちが今後受けられる社会となります様に。


にほんブログ村


ワーキングマザー ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ベビーシッター

tb: 0   cm: 2

シッターさんからの贈り物  

私が二度目の育休から復帰した2013年8月から半年強、
待機児童の次女はベビーシッターさんへお世話になりましたが、
4月からの入園が決まりましたので、
定期でお願いするのは3月いっぱいで終了となります。


シッターさんへ預ける経緯をご存じなく、
ご興味のある方はベビーシッターカテゴリをご覧ください。



先日、最終日のシッターさんより、長女と次女へとハンカチをいただきました。

メッセージが添えられてあり、
「次女ちゃん入園おめでとう!
お友達をいっぱいつくって、いっぱい遊んでね。」と。

1396240237323.jpg


他のシッターさんも、
「成長を見守っていたから、寂しくなるわ~。」
「泣いてしまいそうだわ~。」などと、
こちらが泣いてしまいそうな事を言ってくださったり。


半年間、本当に本当にお世話になりました。
シッターさん無くして、我が家の生活は成り立ちませんでした。





ベビーシッターに預けて悲しい結末になってしまった事件について、
どういう経緯で被害者の子供の母親がシッターさんへ預けたのか、詳しくは知らないのですが、
自分の愛する子供をワザワザ条件の悪い所を選んで預けたい母親なんてきっといないと思うし、
たとえば補助があり行政のサービスが受けられれば、
そちらを選び、今回のような事件にはならなかったのではと思います。


実は、次女の健診時に健診センターで知り合った、
シングルママさんがいるのですが、
彼女、子供の保育を申し込んでも定員がいっぱいとの事で入園も叶わず、
子供を預けられず働けないため生活保護を申請したときも、窓口で散々嫌味を言われたとの事。
彼女の様な、本当に困っている人を行政は助ける事をせず、
なおかつ嫌味を言うなど、信じられない事態ですよね。
先進国のはずの日本なのに、なんと心が貧しい国なんだろうと、本気でそう思いました。
4月には無事に1歳クラスの認可園に入園が決まったそうで、
本当に心からよかったと思いました。


このように、本当に保育を必要としている人にも、
保育サービスが行き届かない現状を間近で見ると、
確かにマッチングサイトなんて怪しいサイト、
私なら絶対利用しないと思うものの、
利用せざるを得ない人たちが居る事も事実なのではないかと思ってしまいます。


いった、政治家ってどこを向いて誰の為に政治しているんでしょう?


今後このような悲しい事件が起こらないよう、
行政にはしっかりと対応していただきたいと思うと同時に、
ほとんどの真面目に運営しているシッター会社やシッターさん、
それを必要としているご家庭にとって、
シッターサービスを利用し辛くなることがないよう、心から祈っています。


この様な事件があると、
画一的に有資格者ではないといけないなどと、なってしまうのではないかと。。。


我が家もシッターさんをお願いするにあたって、
はじめはやはり有資格者がいいと思っていたのですが、
半年間お世話になってみて、
資格をもっているだけの方よりは、経験が大事かなと私は感じました。


資格がなくても、
次女の事を我が子・我が孫のように可愛いと思ってくれ、
優しく真剣なまなざしで次女を見つめてくれ、
暑ければ日傘をさして・寒ければ手編みの靴下をはかせて、毎日お散歩へ連れて行ってくださり、
時には離乳食について意見をくださったシッターさん方たち。
(もちろん、育児経験や数年のシッター経験があり、
基本的なシッター研修は受けていますし、
聞いた感じですと、かなり細かい研修を受けるようです。)


誰が悪いなどの議論をしても、
失われた命は本当に悲しい事に戻ってこないし、
今後、小さく弱い命が失われる事が二度と無いよう、
本当に必要な人に、必要な行政サービスが行きわたる事を願います。
そのためなら、消費税率があがったとしても文句は言いません。




にほんブログ村


ワーキングマザー ブログランキングへ

category: ベビーシッター

tb: 0   cm: 0

ベビーシッター (5) 旦那さんの感想  

保活の経緯についてはこちら
ベビーシッターか 認可外保育園か
覚悟を決めました
速報!認可保育園に空きが出た!
はたして認可保育園の入所通知は来たか!?




こちらの記事は、
ベビーシッター (1) お世話になる事を決めたワーママとしての心の葛藤
ベビーシッター (2) ベビーシッター会社を探す
ベビーシッター (3) トライアル
ベビーシッター (4) お世話になってみた感想
からの続きです。




最後に、
旦那さんの意見を一応(失礼)書いておこうと思います。


私が勤務時間を前倒しにした事もあり、

その時の記事はこちら
勤務時間を前倒しにしてもらいました

朝の次女の引き渡しは旦那さんの役目です。


なので旦那さんに「ベビーシッターさん、どう思う?」と聞くと、
「いいんじゃない。」と。(コラー)

「いや、もっと詳しくどう思う?」と聞くと、

「そうだねー、
やっぱり次女に良くしてくれるシッターさんが朝来ると、
次女ちゃんがニコニコするから
いいんだと思うよ。」とのこと。


なるほど、
次女はまだ6ヶ月なので、
感想は聞けないのですが、
表情にちゃんと現れているんだな、と思います。


それに、
良いシッターさんには、
長女も一目で懐きます。
(正確には、まとわりつきます)


子供って、
親以上に
よくわかるんだな、と思います。




**************

昨日は沢山のクリックありがとうございます!
励みになっております♪


ベビーシッターさんについて、
何か質問がありましたら、
お気軽にコメントください。



更新の励みになっています
もしよければクリックして応援してください

にほんブログ村


ワーキングマザー ブログランキングへ

category: ベビーシッター

tb: 0   cm: 1

ベビーシッター (4) お世話になってみた感想  

保活の経緯についてはこちら
ベビーシッターか 認可外保育園か
覚悟を決めました
速報!認可保育園に空きが出た!
はたして認可保育園の入所通知は来たか!?




こちらの記事は、
ベビーシッター (1) お世話になる事を決めたワーママとしての心の葛藤
ベビーシッター (2) ベビーシッター会社を探す
ベビーシッター (3) トライアル
からの続きです。




8/1から2ヶ月間、
シッターさんへお世話になってみた感想です。



■スケジューリング

社長さんが、スケジュールを組んでくれます。

基本の方が1名(60代の女性)と、
その方が来れない際に来る方2名(30代、50代の女性)の、
合計3名で今はお願いしています。


社長さんから連絡は来ず、
シッターさんから直接前々日か前日にお電話があります。


基本の方は、事前連絡不要としています。
その他の方は、事前連絡をお願いしています。



■シッターさんは、どんな方?

庶民の私には、
ベビーシッターという未知の世界で、
どんなプロフェッショナルな方が来るのかと思っていましたが、(私だけ?)
意外にも、普通の主婦の方であると思いました。


なんというか、
自分の親とまではいかないけれど、
近所のおばさんに見てもらっている感じ。


悪く言えば、普通の人。
良く言えば、仕事としてではなく、
愛情をもって接してくれる感じです。


私としては、その方が好ましいので、
この点はよかったです。


もちろん、シッター会社によりカラーがあるのかもしれません。



■シッターさんの食事

シッターさんの、食事・飲み物は持参されています。

初めは気を使って、お出ししようか聞いていましたが、
一切不要とのことです。



■育児用品

抱っこひもなどは、
基本的にご自分の物を持ってこられるか、
使用されないです。

バウンサーや子供のおもちゃは使用されています。

TVは、見せないとの事です。



■外出

親が希望すれば、こまめに散歩に連れて行ってくれます。


夏の暑いときは、
日傘をさして、朝の涼しいうちに散歩に行き、
帰ってきてから、
体を拭いて着替えさせてくれます。


ただ、鍵を預けないといけないので、
信頼している慣れたシッターさんの時にお願いしています。



■子供が寝ている間は何をしている?

当然まだお昼寝をする月齢ですので、
寝ている間は何をするのか、疑問でした。


基本は、見守り、との事です。


寝がえりする事もありますし、
何かあってはいけないので、
そばで見守っているそうです。


私が見ていた範囲ですと、
子供のそばで読書されてる方もいました。


あと、シッターさんにより、
掃除やお料理もよかったらやりますよ、
とおっしゃってくださる方もいますが、
今のところはお願いしていません。



■離乳食

こちらが用意した物を、
解凍して温めて出してくれます。


哺乳瓶も同様ですが、片付けもしておいてくれます。



■利用料/日

(1,200円×11時間×消費税5%) + 早朝手当500円 + 交通費実費



■■良い点

・なによりも娘1人に手をかけてくれること、につきると思います。
 当然、娘だけに時間を割いてくれるわけで、
 いつも抱っこしてくれ話しかけてくれ、
 体調や機嫌に気を配ってくれます。


・保育園よりは病気を貰いにくい
 集団生活ではないので、病気を貰いにくいと思います。
 復帰後すぐに休みを取る必要がない


・上の子が病気の時も、同時に見てもらえる
 今のところ利用していませんが、
 長女が保育園を休んだ際にも、
 一緒に見てもらえる(+100円/時間)


・早くから、親族以外の人と触れあう事で、
 他人に抵抗がないように見える。
 性格的なものもあると思いますが、
 外で話しかけられると、いつもニコニコしています。


・保育園の先生同様、
 たくさんの子供を見ているプロフェッショナルなわけで、
 ある意味、親より第三者の目として子供を客観的に見てくれる。
 離乳食開始のアドバイスなんかも受けられる。




■■いまいちな点

・やっぱり費用面で、1日フルで預けるのは利用料がお高い。
 継続利用は厳しい。


・密室であるということ
 これはシッターさんとの信頼関係で、今は不安はありません。
 こまめにお散歩に連れて行ってくださるので、
 逆にシッターさんの方が、近所の方と仲が良かったり、なんて事も。


・相性が悪いシッターさんもいる
 どうしてもいつもの方が来れず、違う方が来る日もあります。

 今まで次女と相性が悪かったシッターさんが1名いて、
 ミルクを飲ませられませんでした。(次女が飲まなかった)
 その方は、2度来て2度ともミルクを飲ませられなかったので、
 その後アサインされていません。 
 
 あとは、私が納得いかないシッターさん。
 抱き癖がつくからと抱っこしてくださらなかったり、
 他所の家のワーママについて忙しすぎると批判したり、
 有名人の家にシッターに行っていて忙しいとか世間話してきた時から、
 ???と思ってましたが、
 私が帰宅した際に、
 なんと次女を寝室に寝かせて、
 ご自身はリビングのソファに横になって寝ていた事がありました。
 社長さんに連絡して、二度と来ていただかないようにお願いしました。
 (今まで1名しかいなかったので、稀だとは思います。)




■■■まとめ

シッターさんと聞くと敷居が高い感じでしたが、
意外とそんな事はなく、
普通の主婦の方が来てくれます。


正直、海外の虐待のニュースなどもあるので、
怖いイメージもありましたが、
それはごく一部であると、私は感じます。


費用の事を考えなければ、
本当に満足です。


でも、継続利用は費用面が本当に厳しいので、
保育園に入所できていたら、
当然預けてはいなかったと思います。


ただ、
保育園に入所できた後も、
我が家は、親族の育児協力がほぼ得られず、
ファミサポも倍率がすごくて現実的でないため、
何かあればスポット利用など、
今後も選択肢の一つにはなるかもしれません。

考えられる可能性としては、
例えば、習い事送迎や、小1の壁対策などでしょうか。
(でも庶民の我が家には、費用がとてもネックですが。。。しつこい?)






--------

安倍さーーーーーーん、
女性の力を活用するべく、
動き出してくれたことは本当に素晴らしいです。


5年間で待機児童ゼロとか、
大胆な政策もいいですよ。
(育休3年はちょっとどうかな?)


でも、5年間、待てません。。。


土地や多額の財源が確保できなくて保育園が作れないなら、
ファミサポとか保育ママの拡大とかで、
地域のお年寄りと、
子育てママと、
子供が助かるような、
そんなすぐに実行できそうな、身近な政策はどうでしょうか?


どうか、専門家の意見だけじゃなく、
本当に困っているママたちの声をぜひ聞いてください。




--------

あくまでも個人のシッター利用の感想です。
よろしければ、参考にしてください。



シッター会社については、
こちらに明記して業務に支障がでてしまうといけないので、
もしご興味があるかたは、ご連絡ください。
都内でしたらOKのようです。






更新の励みになっています
もしよければクリックして応援してください

にほんブログ村


ワーキングマザー ブログランキングへ

category: ベビーシッター

ベビーシッター (3) トライアル  

保活の経緯についてはこちら
ベビーシッターか 認可外保育園か
覚悟を決めました
速報!認可保育園に空きが出た!
はたして認可保育園の入所通知は来たか!?




こちらの記事は、
ベビーシッター (1) お世話になる事を決めたワーママとしての心の葛藤
ベビーシッター (2) ベビーシッター会社を探す
からの続きです。




***********

■トライアルまでの手続き


とりあえずトライアルすることにしたのですが、
意外にも半月前に連絡をください、
というのんびりした返答。


でも、私の感覚だと、
大事な娘を預けるわけですし、
復職に向けて早めにシッターさんを決めて、
安心して残りの育休を過ごしたかったですし、
復帰前に実家へ1週間程帰省する予定だったので、
1ヶ月前くらいに連絡しました。


連絡すると
「では書類を送りますので、送り返してください。」とのこと。
大手だとWeb登録とかあるのかもしれませんが、
こちらのシッター会社はその様なものはなかったです。


契約書と、
住所、駅からの経路Map等の書類が届いたので、
すぐ書いて返送しました。


数日して例の社長さんから、電話連絡が来ました。
何かあった際に困るので(シッターさんの病気等)、
2名程度で交代制がおススメだとのことで、
シッターさんを何名かご紹介しますとの事でした。


私のお願いしたシッター会社は、
最低3時間からなので、
それぞれ別々の日に、
3名に3時間ずつ来ていただく事にしました。


こちらからの希望としては
・ある程度の経験者であること(低月齢なので当然そうなるとのこと)
・できればあまり遠くない方(交通費は実費でお支払いするので)
・ネコアレルギーでないこと(我が家はネコがいるので)
程度でしょうか。



***********

■トライアル日


トライアル前日か前々日に、
来てくださるシッターさんから直接電話連絡があり、
最寄駅からの経路等をご説明しました。


この電話の際に、あるい程度の人柄がわかるかも。。。
(この時にあまり良い印象で無い方は、結局その後も合わなかったです)


当日、10分前位にシッターさんがいらっしゃいました。


その日は雨だった事もあり、
家に到着後、
靴下を履き替えて、
手洗いされていらっしゃいました。


さっそく娘とご対面。
まだ人見知りの時期ではありませんし、
次女はいつも通りニコニコしていました。


一通り基本のミルク、オムツ、服のストック場所のご説明と、
一応こちらの希望をお伝えしました。
(例えば寝がえりするのでお布団に横向きに寝かせてください等)


次女の面倒を見てもらいながら、
今までの経験等をお聞きしたりしました。


私は、途中で少し外出したりしましたが、
どんな感じか見たかったので、
家で料理をしたりして、
シッターさんとおしゃべりして過ごしました。


最後に、
手書きのシッターレポート(ミルク量・時間、大小の時間回数、機嫌等)
をいただき終了です。


利用時間もシッターレポートに記載してあり、
利用料は1ヶ月分まとめて請求書が届き、振り込みします。



***********

■トライアルの感想


私のイメージでは、
面談とかあるのかと思っていましたが、
そういう制度は無いとのこと。
会社によっては交通費等の実費負担で、
面談ができる所もあるようです。


でも今になって思うのは、
面談で相手の人柄はある程度わかると思うのですが、
子供との相性や、接する所を見る事が重要かなと。
ですので、面談をして同じ時間を使うなら、
やっぱりトライアルしたほうがいいかな、と思います。


中には1名だけトライアルされて、
あとはトライアルされないご家庭もあるそうです。


3名来ていただいて、
2名は孫の手が離れた60代の方、
1名は子供の手が離れた40~50代の方、
でした。


子供との相性ももちろんありますし、
シッター会社の良し悪しももちろんあるとは思いますが、
シッターさんの個々のレベルと、
シッターさんと親との子育て観がどのくらい同じかも大事かなと。
(抱き癖がつくと困るからとおっしゃるシッターさんもいらっしゃったので、
我が家とは合わないと思う事もありました)


あとは、シッターさんとお話していて思ったのですが、
シッターさんはいくつかの会社に登録されている方が多いようですが、
こちらの会社はシッター代金が良心的なので、
必然的に「子供好きで、半分ボランティア的」な方が多いとの事。
(ファミサポとシッター会社の間のような感じでしょうか?)
高い所は、お金目当ての方も中にはいらっしゃるとの事。


社長さんが「お母さんや子供のために色々やってあげて」というスタンスだという事。


細かい研修があり、シッターさんへは厳しいこと。


システムなどは導入されておらず、社長さんが全てアサインしているそう。
(とにかくお忙しそう。。。本当に家政婦紹介所みたいですね。)


シッターさんは、どなたも年単位で、シッター経験があること。
(はじめは有資格者がいいと思っていましたが、
資格をもっているだけの方よりは、経験が大事かなと私は思いました)


などお聞きして、信頼がおけそうなので、
こちらのシッター会社にお世話になることに決めました。






***********

■利用料


(初回支払/入会しない場合は不要)
入会金10,000円、年間費10,000円

(利用料/日)
4,095円(1,300円×3時間×消費税5%) + 交通費実費



入会を前提としていたので、上記は会員価格です。
(別途入会金・年会費が必要ない、ビジター料金もあり)

4時間未満は1300円/時間、4時間以上は1200円/時間
(9-22時の場合)

早朝・深夜は別途手当あり
(8-9時は+500円/時間お支払いしています)

子供2名の場合+100円/時間
(たぶんこれは破格だと思います、なので双子の依頼が多いそう)

もく浴手当て1,000円/回

土日祝日・夏休みは別途1,000円/日

***********








次回は、
2ヶ月程度お世話になってみた感想を書きたいと思います。






更新の励みになっています
もしよければクリックして応援してください

にほんブログ村


ワーキングマザー ブログランキングへ

category: ベビーシッター

tb: 0   cm: 0