FC2ブログ

いつも笑顔で

アラフォー派遣ワーママの何気ない日常を綴っています。

自転車の練習  

親の面倒という都合にて、全くしていなかった長女の自転車の練習ですが、
周りのお友達が補助輪なしでボチボチ乗れるようになってきたそうで、
長女本人のリクエストにより練習してきました。
20150419200251fa0.jpg



我が家の周りは自転車禁止の公園しかなく、
一般道でまずは補助輪つきで練習したのですが、
人にぶつからないか、道路にはみ出さないか、転ばないか…
心配性の私は気が気でなく…
子乗せ自転車に乗ってくれた方が何倍も楽チンですね。
家から少し離れた自転車屋さんに調整に行き戻ってきたのですが、
自分がやると決めたことはとにかく一生懸命頑張る長女なので、
最後まで全力疾走でした。
(自分がやると決めていないことには全くやる気なしですが…汗)
元気な長女に対して、気疲れした私…



お昼から雨が降ってきたため、
帰宅しお昼ごはんを食べた後、早々にお風呂に入ってノンビリ。



長女も疲れていたようで、次女もなんだか体調がイマイチで、
夕方には寝てしまい、
あとは大人時間を楽しんだけれど、やっぱり私も眠く早々に就寝。
ノンビリな週末になりました。



子供が自分で自転車に乗れるようになればなったで、
心配が尽きませんね。
そうやってどんどん自分で出来ることが増え、
親の手助けが必要なことが徐々に減っていくのかなと思うと、寂しくもありますね。
慌ただしく騒がしい毎日だけれど、今を楽しみたいなと思います。




さて、今週も頑張りますか!



にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 長女5歳(年中クラス)

tb: 0   cm: 2

花粉症デビュー  

2月末ごろから目が赤くて少しはれぼったく痒がるようになった長女。
園の担任の先生から、もしかして花粉症では?と言われ、
2週間ほど様子を見ていたのですが
症状がおさまらないのでかかりつけの耳鼻科で見てもらったところ、
やはり花粉症ではないか?とのことで
目薬と粉薬が処方されました。



薬と目薬でかゆみと腫れがおさまったようなので、
血液検査したわけではないのですが
どうやら花粉症デビューしてしまったよう。
薬を飲むと眠くなるようで、こんなに小さいころからかわいそうだなぁ…







それから実は私も…
毎年この時期に鼻水が出てあやしいなと思いつつ
1週間くらいでおさまっていたので受診や服薬したことはなかったのですが、
今年はついに鼻水とくしゃみが止まらず肌も痒く
それでも受診していなかったのですが、
鼻をかむ度に血が出るようになってしまったため、
諦めてランチタイムに会社近くの病院へ…
ついに私も花粉症デビューしてしまいました。



仕事もあるので眠くならない薬をお願いして、
抗アレルギー薬2種類(1種類アレグラだけだと効きが悪いからと2種)と
点鼻薬を処方してもらいました。



病院では特に血液検査などはしなかったのですが、
薬を飲むとほぼ症状がなくなったので、
やっぱり花粉症なんでしょうね。



でも薬を飲むとこんなにも楽になるなら早く受診すればよかった。
受診して「あなたは花粉症です」と
確定診断されるのがイヤだな、
なんて考えていた私が間違っていましたね。



長女と私、2人して花粉症デビューとなってしまいました。
今年は花粉が多いのでしょうかね?
私はいいのですが、長女はかわいそうだな。
対処療法ではなく、根治療法が一般的になればいいなと思います。



にほんブログ村

category: 長女5歳(年中クラス)

tb: 0   cm: 0

怖がり長女、はじめての歯医者さんへ  

記事にするのがすっかり遅くなってしまいましたが、
2月初旬に長女初めて歯医者へ行ってきました。



私自身は会社近くの歯医者へ行っているので、
同じ所へ連れて行くことは今後のことを考えると不便なので、
インターネットで検索して自宅近くの口コミが良いところを見つけ、
予約の電話をしました。



その際に、
子供が初めての受診であること、
怖がりなのできちんと受診できるか心配なこと、
どのような器具を使い、どのような処置になるのかお聞きしました。
我ながら、面倒くさい保護者ですよね。笑



ただ、ブログには何度も書いているのですが、
長女は怖がりな面がかなーりあるので、
はじめての歯医者さんで怖い思いをすると、
後々まで通うのが大変になりそうなので、
慎重にことを進めたかったのです。



受付の方は、
まあ、処置できる子と、できな子がいますが、
なんとしてでも器具を使い、一通りの処置をします、
と事務的に言われてしまい…
印象がイマイチ…



そこで、
長女クラスのLineのグループで聞いてみることに。
歯医者へ通っている子はまだ少数だったのですが、
そのうち2人の子供が我が家から自転車で行ける某歯医者さんへ通っていて、
なかなか良いよ、という口コミが得られたのです。



さっそくその歯科医へ電話してみると、
受付の方はとても親身になってお話してくださって、
ここなら怖がりな長女も通えそうだなと判断し、
予約させていただきました。
ただ、人気なようでかなり先の日程になりました。
(初めに予約した近所の歯科医はキャンセルの電話をしました。)



長女にも事前に、
「クラスの○○ちゃんと、××くんが通っているんだよ。
虫歯にならないように、薬を塗ってもらおうね。」と話しておきました。



当日は通院担当の旦那さんに連れて行ってもらいました。
なぜか長女は旦那さんの付き添いだと怖がらないことが多いのです。



意気揚々と行った長女ですが、院内に入ってから少し怖がり始めたそうで…
そこで受付の方が、
「あとで甘いの(フッ素)しようね♪」と声をかけてくださり、
持ち直したようです。



先生もとてもあたりが柔らかい感じで、
なんだか長女と秘密の話をしたりして楽しそうにしていたそうです。
あとで長女に聞いたら「甘いの(フッ素)の味は2人の秘密ね」とか
そんなような話だったようです。
さすがお上手ですね~♪



クリーニングとフッ素をしてもらい、今後は定期健診に通うことになります。
長女も全然怖くなかったと言っていたし、
歯医者さんでも「とてもキレイに磨けていますね」と
お褒めの言葉をもらったそうです。
長女もすっかりその歯科医が気に入り、
何かあればあの"動物のお医者さん"へ行くと言っています。(看板に動物のマークが書いてあるのです)



インターネットの口コミより、
周りのママに聞いた口コミのほうが何倍も信憑性があるなと思いました。



長女の歯磨きに使っているのは、これらのグッズです。
左から、
・仕上げ磨き歯ブラシ(生協)
・歯ブラシ(生協)
・磨き残しチェック液
・フッ素入り歯みがき粉
・フロス
1425865187342.jpg



磨き残しチェック液"ハミガキ上手"。
この液をはみがき粉の替わりに使います。
磨き残しが一目瞭然なので、
そこを再度磨くことでどこがいつも磨けていないのかムスメ自身が認識できるようになりました。
いちご味がおいしいようで、嫌がらずにしてくれます。
ブクブクペーができるようになれば使えます。
たまに私も使っています。笑
我が家は定期的に使うので大容量サイズ利用しています。




歯間が詰まっている長女には、毎日寝る前のフロスが欠かせません。
長女も慣れたもので、ささっと上手にできます。
同じく歯間が詰まっているけれどフロスをしていなかった子が虫歯になってしまったそう…
プリンセス柄は以前の海外旅行で購入したものです。
同じものは見つけられなかったのですが、かわいい柄を見つけました。
キリンとアルパカのデザインだそうです。笑

ミッキー柄も見つけました。




歯みがき粉は歯科医でよく見るこちらのフッ素入りシリーズを使っています。






5歳で初めての歯医者さんって周りの話を聞いていると
どちらかと言うと遅いほうかなと思います。
長女はまだまだな感じですが、
身体が大きい子はそろそろ乳歯が抜けた子も周りにいますしね。
園でも半年毎に歯科医のチェックがあり、指摘をうけたことはなかったのですが、
チェックが甘いというウワサも聞いていたので…
長女は虫歯も無く、無事に歯医者さんデビューできてほっとしました。
昔は歯医者さんって虫歯の治療がメインだったと思いますが、今は予防歯科の時代ですからね。
ムスメたちには、歯を大事にしてもらいたいと思います。





それにしても、歯医者さんに連れて行くだけでこんなに労力を要すとは…
なぜ第一子にはこんなに力が入ってしまうのでしょう。
たぶん次女のときには、なんとかなるだろう・・と思うような気がするし、
実際にどうにかなってしまうのですが、
長女にはそうは思えないのは、私だけでしょうか。
どうにかなると思えば、長女の場合もどうにかなるのでしょうか???



にほんブログ村

category: 長女5歳(年中クラス)

tb: 0   cm: 0

お手紙交換♡  

捨てようと置いておいた空き箱を見つけ、
ポスト作りをする長女。
1424348347103.jpg



完成~
しかし、色塗りがムラだらけでザツ斬新な模様になってます。
左が小さい郵便、右が大きい郵便、だそうです。
ポストって確かに左右に分かれてるよね~よく見てるなぁ。
1424348346575.jpg


この水彩絵の具、リクエストがあればさっと出せて、
省スペースでプチプラで、とっても良いです。





壁に貼っているこのポストで、私と長女の手紙交換♪
「ちょうじょちゃん このあいだの おかしづくり たのしかったね またやろうね たのしみにしているね」
「ままへ いつも おいしいごはんを ありがとう」
「ちょうじょちゃんへ ママの こどもに うまれてきてくれて ありがとう」
「ままへ いつも やさしくしてくれて ありがとう」




普段ちょっと恥ずかしくて言えないようなコトバも、
お手紙なら気持ちを伝えられます。



最近は園のお友達ともお手紙交換が頻繁で、
お手紙ブームのようですね。
手書きのメッセージにはなんとも言えない温かみがあるような気がします。



にほんブログ村


category: 長女5歳(年中クラス)

tb: 0   cm: 0

外でそんなに頑張っていたとは  

先日、
長女の園の保護者会&ちょっとした劇のクラス発表会がありました。



いままで保護者会は、
時間の調整がつきやすい自営業の旦那さんにお願いしていたのですが、
クラスの発表があるということで私も行ってきました。



ちなみに長女の園では、発表会や出し物って今までなかったんです。
認可園は基本的に父母が働いている子ばかりなので、
幼稚園やこども園よりはもともとイベントごとは少ないかとは思いますが、
そのなかでも特別少ないのではないかと思います。
なので、発表会での長女を見るのは初めてで、
どんな感じになるのか全く想像できませんでした。



数週間前から家でも歌の練習をしていた長女。
でも特別緊張しているような様子はなかったんですよね。
当日も旦那さんと私が見に来てくれる!ということで、
ワクワクとても楽しみにしている様子でした。
あがり症の私からすると、信じられなく、また羨ましい限りです。



どんな演目なのかは知っていたのですが、
長女がどんな配役で、何をするのかは実は全く知らなかった私。
ママを喜ばせようと、旦那さんと長女で結託して内緒にしていたらしいです。



劇がはじまると、なんと…!?なんと…!?目を疑う光景が!!!
長女、グループの代表のような感じで、
掛け声をかけたり、代表して台詞を言っていたりしていて、えーもう、ビックリ!
台詞も大きな声ではっきりと言っていて、
それから周りに指示をだしたり、
歌も、周りの子が緊張でゴソゴソするなか、
しっかりと足を肩幅に開いて、
誰よりも大きな声で歌っているように(私には)見えたんですよね。
そして何よりもとても楽しそうに演じていて…



はい、すみません、ただの親バカなんですが、
長女のその姿に誰よりもビックリしたのは私で、、信じられなかったんですよね。



その当時、癇癪問題もあり、
もしかしてこの子は成長に問題があるのでは?と
真剣に公的なサービスを利用するべきかと夫婦で毎日悩んでいた時期でもあったので、
長女の成長が本当にまぶしかったのです。



そんな長女の姿を目の当たりにして、
「そうかー、外ではこんなに頑張っていたんだね。
それじゃ家では甘えたり、泣いたりしたいよね」って
腹にストンと落ちたんですよね。



これが癇癪が落ち着く、はじめのきっかけだったような気がします。
なんだか、また結局、私の取り越し苦労だったのかも…



準備してくださり、日々練習につきあってくださった先生方に
心からお礼を申し上げたいと思いました。





子供って親の知らない間に成長しているものなんですね。
何気ない日常からそのことをくみ取れず、子供の成長を疑っていたのは私だったんですね。
本当に情けなく恥ずかしいです。
そして嬉しくとても誇らしい気持ちでした。





にほんブログ村

category: 長女5歳(年中クラス)

tb: 0   cm: 0