FC2ブログ

いつも笑顔で

アラフォー派遣ワーママの何気ない日常を綴っています。

やっと抜けた  

小1、7歳の長女ですが、
8歳目前(4月に8歳に)でやっと初めての乳歯が抜けました。
下の前歯が1本抜けました。


実は随分まえから、
その抜けた歯の奥側に大人の歯が2本、ほぼ全部はえていて、
手前の乳歯はグラグラしていました。
不安定な乳歯があるので、大人の歯が磨きづらいし、
このままで大丈夫なのだろうか。。。と心配していたところでした。
定期的に歯科でチェックはしてもらっていて、大丈夫ですよとのこと。


ただ、顎が小さい長女は乳歯の時から隙間が全くなく、
奥にはえている大人の歯もすでに乱杭歯ぎみなので、
矯正治療が必要そうです。


歯の抜け変わりって本当に個人差があるようで、
同級生でも、早い子では、ほとんど大人の歯にはえかわっている子もいれば、
少数ながら1本も抜けていない子も。
だいたいは身体の大きさに比例しているようですが、
そうでない子もいるようですね。


歯に隙間がない子は、歯間ブラシは欠かせません。(お友達で歯の間が虫歯になった子がいる)
子供がフロス?って初めは驚きましたが、習慣にしてしまえば苦にならないようですよ。
子供用フロスはかわいいものが沢山出ています。


フルーツフレーバーなんてものも。


次女は、まだ呑み込んでしまうことがあるので、歯磨き粉はこちらを使用。
長女も小さい頃ずっと使っていました。


その後、長女はずっとこちらを使っていましたが、



年齢が上がってきたので、今回こちらに替えてみました。
生え替わり期(大人の歯が虫歯になりやすい)に適しているそうです。




次女はまだ毎日仕上げ磨きをしていますが、
長女に関しては週に1~2度ほどしかできていません。
初めの頃は、間隔があくと苦手な箇所がどうしても汚れがたまっていたのですが、
最近は磨き残しが少なくなってきたような気がします。


歯は一生モノ。
私が全然だめなので、子供には大切にしてもらいたいです。
娘たちは今のところ虫歯もできていないので、まだしばらくチェックしてあげたいと思います。



今朝は東京も雪がぱらつきました。
地域によっては、つもったのでしょうか。
どうぞお気をつけて。



スポンサーサイト

category: 長女7歳(小1)

tb: 0   cm: 0

計算大会  

初めてのことに対して消極的な面がある長女ですが、
学校からもらってきた地元の計算大会のチラシを見て参加してみたいと言うので、
旦那さんと2人で家族参加させたのが11月。



小学生から大人まで参加でき、
20分間で1000問の足し算、引き算、掛け算、割り算の100マス計算をする大会、らしいです。



最近こそやっと計算がまともにできるようになってきたものの、
少し前までは足し算を指折りしていたレベルの長女だし、
掛け算・割り算は、頭でうーんとしばらく考えないといけないレベルなので、
結果はまだ送付されてきていませんが、
私としては本人の参加したい!という意欲だけで大満足でした。



旦那さんも頭の体操になったかな。
家族みんなで参加できるというのもいいですね。



本人も楽しかった~と笑顔で出てきたので、
良かったです。




category: 長女7歳(小1)

tb: 0   cm: 0

長女の残念な字、、後日驚いた出来事。  

長女、入学時はそれなりに丁寧に書いていた字ですが、
最近、スピード重視で、
はね、はらい、とめ、角がない、、、etc、、
ミミズが這ったような字とは本当にこのことだなーという感じ。
テストでも、それでマイナス1点になってしまっていたり。



ところが先日、
お友達がお休みして連絡帳を代筆して届けたようで、
そのお友達のママから「きれいな字で代筆ありがとう」とのメール。
え、ウソでしょ~と思って後日見せてもらう機会があったのですが、
驚きの丁寧な読みやすい字でした!!!
(長女の小学校では、
学校を休む時には、事前に決めたご近所のクラスメートに連絡帳を託すというシステムなのです。
代筆までは本当は必要ありません。)



「きれいな字、書けるじゃない!」と私が言うと、
「他人のノートだから丁寧に書いた」とのこと。
私、絶句。



驚いたこと3点。
・丁寧な字がかけること。
・先生に言われてもいないのに、書いてあげたという親切心。(おせっかいとも言う)
・ひとのモノだから丁寧に書くというちょっと大人の女性的な使い分けの感覚。



やれるのにやらないという、長女の性格。
これが私は許せないのですが、
今回のことについては、
これは褒めるべきか、小言を言うべきか。。。
なんとも微妙な気持ちになった出来事でした。



さて、師走です。
慌ただしいですが、なるべく楽しく過ごしたいです。



category: 長女7歳(小1)

tb: 0   cm: 0

あなどれない学習漫画  

先日、朝大きな地震があった日のこと。



出社時、
普段はそれほど混まない通勤電車がダイヤの乱れで激混みでした。
やっとオフィスに着いてホッとしたのもつかの間、
エレベータが止まっていました。
復旧の見込みがないとのアナウンスだったので、
階段でオフィスまで上がったのですが、、、



その出来事をその日の夕食時に話すと、
長女が「泣きっ面に蜂」だね、と。
私はただただ驚きで、旦那さんは「おじさんか!」と突っ込んでいました。笑



どこでそんな言葉覚えたの?と聞くと、
これ↓だそうです。




この「ドラえもんの学習シリーズ」は長女が好きなので、
ブックオフで何冊か買って家に置いてあるのですが、
それを読んで覚えたそうです。



他にも「一寸の虫にも五分の魂」や、
妹に対して「自業自得だよ」と言っていて、
若干小うるさい時もあったりしますが・・・苦笑
マンガもあなどれませんね。



さて、一週間始りましたね。
11月もあと数日、頑張りましょう!




category: 長女7歳(小1)

tb: 0   cm: 0

長女ダウンと父親と母親の意識差  

週末、長女がダウンしていました。



金曜日の夜にいきなり嘔吐。
その後も何度か夜中じゅう白目をむいて嘔吐していました。
土曜日の早朝にやっと寝ついたけれど、相変わらず白目をむいていて、
意識混濁なのか、寝ているのかわからなくて、
夜間救急が頭をよぎりました。



結局土曜日の朝まで様子を見て、
嘔吐はおさまりましたが、今度は38.9℃の熱。
それでもずいぶんと元気になり水分もとれていたので、休日診療には行きませんでした。



日曜日は嘔吐も熱もなくなりましたが、
食事ものどを通らず、ずいぶんと体力が落ちてげっそりでしたが、
急性期は過ぎたかなという感じで、一安心。
一日中寝ていました。



実は、週末にお友達と出かける約束をしていた長女と私。
何日も前からすごく楽しみにしていたので、
とても残念がっていて、かわいそうでした。



さて、月曜日どうしようか。となりました。
旦那さんも私も休めず。



旦那さんは、
自分が急いで仕事をして帰ってくるから、
数時間だけ一人で家で寝かせていればよいと。
確かに長女はしっかりしてきていて通常のお留守番ならきっと問題なく出来るとは思うけれど、
病み上がりだし、まだ不測の事態には対応できないよなと。



それよりは人目がある学校に行かせた方がよいと思い、
少しダルそうでかなり迷いましたが、登校させました。
2時半頃には授業が終わるので、
その頃に旦那さんに帰ってきてもらい、
学童と習い事はお休みさせました。



これは父親と母親の意識差なのかなと。
「きっと大丈夫でしょー」と思える父親と、
「大丈夫だと思う、でも万が一・・・」と思う母親。
我が家だけかもしれませんが。



それから、
私が看病のために、自分のご飯は5分ほどで済ませていたのに対し、
のんびりとTVをみながらお酒を飲んでいる旦那さんに飽きれてしまいました。
金曜日はさすがに飲んでいませんでしたが、私に言わせれば当たり前だ、という感じです。



まあ、父親に母親と同じ考えを持ってもらうのは無理だと思うし、逆も然り。
父性と母性は違って当たり前で、
自分の考え方、できることを、そっくりそのまま旦那さんに当てはめて、
そこに当てはまらない部分を批判するというのは、
あまりにも相手をリスペクトできていないかなと。
まあ、一番の理由は、看病で怒る気力がないというのが正直なところかもしれません。



月曜日、会社でも長女の様子が気になってしかたがありませんでしたが、
昨夕は久しぶりにご飯をそこそこ食べられて、元気になっていました。
今までほとんど嘔吐したことのない長女なので、本人も驚いてショックだったようです。
元気になってよかったです。




category: 長女7歳(小1)

tb: 0   cm: 3