FC2ブログ

いつも笑顔で

アラフォー派遣ワーママの何気ない日常を綴っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

子はあずかり物  

ブログにも何度も書いていますが、
第一子である長女の育児に関して悩むことが多い私。



育児の先輩である姉に、
ちょっと弱音を吐いたり相談することがあるのですが、
その時に姉が言ってくれた言葉で、
「子供は神様からあずかった存在」だと思うとよい、とのこと。



その時は正直ピンとこなかったのですが、
最近、なんとなくわかるようになってきました。



私自身、
子供は自分とは違う存在・人間だと頭では理解しているつもりだったのですが、
自分の身体から出てきた我が子のことや、
我が子の人生を、
いつのまにか自分自身のことのように思ってしまっていたように思います。



そのために、
口うるさく言ったり、時には言い過ぎてしまったり、怒ってしまったり、
こちらのルールを押しつけてしまったり、抑圧してしまっていたかなと。



子供は一人の人間であり、私ではありません。
子供の人生は子供のものであり、私のものではない。
誤解を恐れずに言えば、
子供がどのような人生を選ぼうと、それは子供の課題であって、私の課題ではないのです。



もちろん母親として、人生の先輩として、社会の最小単位のグループの家族の一員として、
助言や手助け、社会のルールを教えること、見守ることは必要なのだとは思いますが、
あくまでも親はサポート役。主役ではないのです。



彼女たちの人生を私は背負っているのではない、私が決めるのではない、
そう思ったら、
なんだか急に肩の力が抜けたような気がします。



言葉かけも、
「早く宿題やっちゃいなさい!」(私自身も主役)から
「宿題しなくていいの?」(あなたが主役)という風に最近は言えるようになってきました。



「~しなさい!」(親が決めた)から、
「~しなくていいの?」(あなたが決める)に替えるだけで、
ずいぶんと子供の反応も違うような気がします。



神様からあずかった子に、
人生の楽しみ方や生き方のTipsを教えてあげること、
そんな風に考えれば、ガミガミ母さんから少し卒業できるかなと思います。



読んでくださった方には、当たり前にできていることでしたでしょうか?
こんな事で悩んでいるのって私だけかもしれません。笑
まだまだ母親として本当に未熟で悩むことが多い私。
今後も悩んでブログに書くこともあると思いますが、引き続きよろしくお願いします。




関連記事

category: 長女7歳(小1)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alwayskeepasmile.blog.fc2.com/tb.php/1097-f9427ff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。